社寺建築部材の用語

持送り(もちおくり)

壁や柱から水平に突き出て,梁(はり)・床・棚などを支える三角形状の補強材として使用される。 通常装飾が施される。

うで木

柱や梁(はり)などから横に突き出し、他の部分の支えとして使用される。

木鼻

木鼻とは、木端とも言われる様に「木の端」を意味します。 複数の縦柱を横に貫ら 抜いている柱(かしらぬき)や虹梁(こうりょう)等の端に付けられた獅子や象の彫刻の事です。 日本においては鎌倉時代から見られるようになりました。

縣魚(げぎょ)鼻

屋根の妻において,棟木や母屋桁(もやげた)、軒桁の木口を隠すために破風板(はふいた)の下に取り付けられた装飾用の材をいう。 木造建築の火災除けのまじないとしても使用されています。

カエル股

蛙が股を広げたような形からカエル股と呼ばれる。社寺建築などで、頭貫(かしらぬき)または梁(はり)の上、桁との間に置かれる山形の部材のことをいいます。 本来は上部構造の重みを支えるもの。のちには単に装飾として、さまざまに彫刻して破風などにつけられた。

紅梁

梁(はり)の一種。虹(にじ)のようにそりがあることにその名が由来する。 社寺建築などで高さの異なる柱をつなぐ湾曲の大きいものを海老(えび)虹梁などという。

寿老人

寿老人は背は、身の丈三尺といわれ低く、長い頭に長い白髭、巻き物をつけた杖を持ち、絵画では鹿をつれている姿で描かれる。 鹿は玄鹿(げんろく)と呼ばれ、長寿の象徴とされている。 ロクは禄に通じることから、延命長寿、福禄の神とされる。 神社に祀られる時は寿老神と書かれる。 別に樹老人とも書かれることもあり、樹木の生命力から長寿を象徴している。

布袋

中国,唐末五代の僧。額と腹が大きく、肥えた腹を露出し、いわゆる布袋腹である。 居所を定めず、日常生活の道具を入れた布袋をかつぎ、,杖を負うて各地を歩き、人々が与えるものは何でも布袋に放り込んだことから、布袋の名を得た。 人の運命や天候を予知したという。生前から弥勒の化身といわれ、日本では円満の相が尊ばれ、七福神の一人として信仰されるようになった。

社寺建築部門

田中ソウケンでは、社寺の部分・全面改装や木彫りの販売を行っております。

国際事業部門

田中ソウケンでは、インド・ガルフ(中東)地区地区を中心に国際事業にも取り組んでおります。